医学部予備校検索サイト口コミ掲載数No.1

医系学舎広島

医系学舎広島本校

口コミ評価
★★★★☆
4.4
所在地
広島県
対象学年
浪人生
授業形式
集団指導
個別指導
少人数制
こだわり条件
寮あり
再受験対応
優待制度
推薦対策
自習室あり

※対象、授業形式は教室ごとに異なる場合がございます

医系学舎広島の合格実績

国公立大学
  • 広島大学
  • 大阪大学
  • 愛媛大学
  • 大分大学
  • 山口大学
  • 九州大学
  • 島根大学
  • 熊本大学
私立大学
  • 関西医科大学
  • 大阪医科大学
  • 東海大学
  • 順天堂大学
  • 近畿大学
  • 金沢医科大学
  • 関西医科大学
  • 北里大学
  • 川崎医科大学
  • 昭和大学
  • 産業医科大学

※医系学舎広島より引用(http://www.ikeigakusya.net/)

医系学舎広島 本校の特徴

医系学舎広島の特徴

医系学舎広島は、現役の医師が学院長を務める国私立大学医系学部受験の専門予備校です。
現役医師である学院長自ら面接試験対策にあたると共に、現在及び将来の医系学部の実情や医学界の情報提供、さらには医療人としての自覚など、医師ならではの視点で生徒に指導していきます。
面接でどのような答えが求められているか、医師の目線でアドバイスを行います。
医学部受験では現役医師が面接官を務めるということも珍しくありませんから、事前に同じ条件で模擬面接を重ねておくことによって、安心して本番に臨むことができます。

医系学舎広島 本校の詳細情報

医系学舎広島 本校の講師

専任講師陣が校舎に常駐し、いつでも質問・相談ができる!!

合格のためには、当然のことながら、大学入試レベルでの非常に高い学力が要求されます。
とはいえ、授業がいきなり応用問題や解説から始まることはありません。
「基礎」を何よりも大切にし、生徒が段階的にきちんと理解できているか把握して指導にあたります。

医系学舎広島では、数多くの医系学部進学者を輩出した長井ゼミのノウハウを熟知した経験豊かな講師陣が講義を行うだけでなく、校舎に常駐し、生徒ひとりひとりを全力でサポートします。
また、専任講師が各生徒のカウンセリング担当となり、現状をふまえたうえで、生徒個人に合わせた学習計画や実際の受験校を提案していきます。

医系学舎広島 本校のカリキュラム

医系学舎広島では2つのコースがあります。

医系学舎広島には、国公立医系学部クラスと私立医学部鍛錬コースの二つのカリキュラムがあります。

【集団一斉授業】
仲間を意識することで「協力」し、各教科単元別に行うテスト結果により、クラスの入れ替えも頻繁に行われるので、「競争と緊張感」が生まれ、入試本番でのプレッシャーにも耐性がつきます。

【少人数制復習講座】※私立医学部鍛錬コースのみ。
30名前後で行う一斉授業に対して、本講座は10名程度となっているので、「わからない」ことを隠しておくことはできません。
一人ひとりを「わかる」から「できる」レベルに引き上げます。

【個別指導】※希望者のみ
苦手分野の克服など、個別でじっくり取り組んだり、プラスαの入試過去問題に取り組んだり個々に応じたオーダーメイド授業です。

【カウンセリング指導】
国公立クラスでは年7回、私立鍛錬コースでは毎週1回行います。
授業の様子や模試結果、教科別単元テストの結果をみて、担当講師が生徒一人ひとりの進捗状況と到達度を判断し適切な軌道修正を行います。

医系学舎広島 本校のサポート体制

まかせて安心!医系学舎広島独自のサポートが満載

●メンタルサポート
医系学舎広島には、心理士の資格があるスタッフが在籍しています。
精神面のサポートが必要な時には、悩まずに相談してみましょう。
また、学院長が心療内科医であることから、必要な場合はスタッフと院長が連携して対応します。

●現役医師による講演会/面接指導
医系学舎広島の学院長は現役の医師。
受験生へのサポートとして、医学や医療の実情についての講演会を行っています。
医師を目指す受験生にとって、モチベーションの維持につながるだけでなく、志望動機を練るよい機会になります。
また、面接指導を院長自ら行い、医師の視点から助言を与えます。

●合格者による勉強会
ひと足早く合格を手にした先輩を招き、勉強会を行います。
身近な存在から成功体験を聞くことはモチベーションアップにつながります。

医系学舎広島 本校の学習環境

22時まで開放の自習室でしっかり勉強!仲間とのリラックスタイムも

●自習室(22時まで開放)
予備校生専用で、個々人に指定席を提供しています。
固定された自習机なので、荷物を自宅まで持ち帰る必要はありません。
朝9時から夜10時まで、たっぷり予備校内で勉強し、講師が常に近くにいますので、いつでも質問することができます。

●カフェテリア
夕方には、専用のカフェテリアで夕食を取ることもできます。
この時間は仲間と気兼ねなく過ごす、大切なリラックスタイムです。

●提携寮
遠方からの通学が困難な生徒などを対象に、寮を紹介しています。
※家具/家電設置済み。入寮初日から快適な生活がスタートします。

医系学舎広島 本校のその他の特徴

学内のテストでライバルと切磋琢磨

●単元テスト
頻繁に単元テストを実施しています。
テキストの内容を復習し、授業内容をきちんと自分のものにしないと高得点を取ることができない内容になっています。
集団一斉授業はレベル別に3クラスに分けられていますが、入塾時の認定クラスは固定ではなく、単元テストのたびにクラスを再編成されます。

●知識定着トレーニング
夏期に行われるテストで、「メモリア英語」「テクニカ数学」と呼ばれています。
指定されたプリントにひたすら取り組み、間違いがあればやり直すというもので、真夏のトレーニングとして名物になっています。

●朝テスト
毎朝実施されている、センター形式のテストです。昼には結果が校舎内に貼り出されます。ランキングに名前を載せることを目標に、毎日コツコツ頑張っている生徒が多数います。

●家庭への成績報告
頑張った成果は、ひと月毎にまとめてご家庭へ送付します。

医系学舎広島のコース・講座

国公立医系学部クラス(α・β・γの3クラス編成)

  • 各クラス30名以下の少人数制講義…1講義90分×週17コマ
  • 単元まとめテスト…1学期に2回実施(結果によりクラスの再編成あり)
  • 面接指導あり(希望者にはオプションで小論文指導あり)

私立医学部鍛錬コース

  • 30名以下の少人数制講義…1講義90分×週12コマ
  • 10名以下の少人数復習講座…1講義90分×週5コマ
  • 個別指導…週5コマ以内
  • 学習カウンセリング…週1回
  • 面接・小論指導あり

医系学舎広島のキャンペーン

▼ 進学・受験相談受付中 ▼
医系学舎広島では、医学部受験生/保護者の方からのご相談を受け付けています。
「医系学舎広島のことをもっと知りたい」「医系学舎広島に進学相談をしたい」という方は、本ページからお気軽にお問い合わせください!

医系学舎広島 本校の学費

浪人生向けコース

αコース(国公立医系学部)
年間合計
850,000
入学金
100,000円
授業料
750,000円
教材費
-円
その他(施設・管理費等)
-円
βコース(国公立医系学部)
年間合計
850,000
入学金
100,000円
授業料
750,000円
教材費
-円
その他(施設・管理費等)
-円
γコース(国公立医系学部)
年間合計
850,000
入学金
100,000円
授業料
750,000円
教材費
-円
その他(施設・管理費等)
-円
私立医学部鍛錬コース
年間合計
3,000,000
入学金
100,000円
授業料
2,900,000円
教材費
-円
その他(施設・管理費等)
-円

※2017年11月に調査を行った内容に基づき医学部予備校マニュアル運営事務局が作成しています。最新の情報に関しては、公式サイトをご確認ください。

備考
全て税込価格です。
授業料に教材費などの諸経費を含みます。
ユーザーのみなさまへ
この予備校への資料請求サービスは現在行っておりません。
このページは予備校が管理しているページではございません。情報の誤りを発見された場合、こちらからご連絡ください。

※2017年11月に調査を行った内容に基づき医学部予備校マニュアル運営者が作成しています。そのため、現在の情報と異なる可能性があります。

医系学舎広島 本校の評判・口コミ口コミを投稿する

総合評価 ★★★★☆ 4.0

講師: 4 / カリキュラム: 3 / 環境: 3 / サポート体制: 3 / 料金: 4

【講師】
講師については数学と化学の講師はとてもわかりやすかったし大学入試を突破する方法をレクチャーしてくれて自学でも役に立つことばかりであった。
他の科目もそうだが基本的に競わせて切磋琢磨して伸びて行く人が多い。割と元からレベルがある程度ある人がいる印象だった。
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
数学、化学に関しては申し分ないほど正確に組まれている。欠点としては物理を自分で学ぶことができるなら問題ないがカリキュラム的にはあまり演習量がたりないと思う。また文系に関しては正直どこの予備校もそうだがあまり変わらないため自分でやっていった方がよいように思う。
【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
基本的に勉強するためにあるような校舎なので環境的には良い。
基本的に集中する人には向いていると思う。
【サポート体制】
サポート的なことは私の場合はもうある程度わかっていたので確認だけして志望校も自分で決めていたが他の生徒を見ると結構親身になって聞いてもらっていたと思うが、あまり長時間長話するのはご法度で終わったらすぐ勉強をすすめる
【料金】
医学部専門予備校なのに料金は比較的やすいし自習環境も悪くないのであまりお金をかけれないという人にはオススメだと思う!
ただ夏と冬の講座は必要なやつだけをとることをオススメする!それがわかるように日頃から勉強に取り組むことが大事
【良かった点(改善してほしい点) 】
やはりよかった点は合格まで面倒を見てくれたこと!がむしゃらだけではダメってよく言われるがそれは一度がむしゃらして経験した人がいえること!
まずは何事も自分なりにやって失敗してみることそしてそこから学べばいい!!その時間までを充分に確保してくれた予備校だったと思う

不適切な口コミを報告する

続きを読む
閉じる

総合評価 ★★☆☆☆ 2.0

講師: 2 / カリキュラム: 2 / 環境: 1 / サポート体制: 3 / 料金: 3

【講師】
数年前(5年以内)に通ってました。講師のレベルは高くはなかった。
化学の授業は、あくまで受験特化の暗記化学ですね。
数学ですが、授業内容はほぼほぼ配布問題集を解かせて解説して終わりです。上のクラスに上がればテストゼミみたいなのはあります。
この予備校は数学で有名ですが、確かに問題集は良いので、配布問題集だけもらってあとは自学自習で十分です。
社会は割といいです。コンパクトにまとめてくれます。
英語国語は、大手予備校と大差ないでしょう。ただ文法については英語も国語もしつこくちゃんとやってくれるので良いと思います。
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
志望校別のカリキュラムはないです。
また個人的な印象ですが、毎年合格者数が多いのは、元々頭いい生徒を多く取っているからだと思います。多分彼らはどの予備校でも一年で合格するでしょう。
中間から下の層を持ち上げて合格させてるって感じはあんまり無いと思います。
また、化学は夏期講習をちゃんと取らないと全範囲終わらないように設定されてます。
定期的に単元テスト(まとめテスト)がありますが定期試験みたいなもんです。ここの塾はこれをウリにしてますが、私には煩わしい存在なだけでした。
このカリキュラムに合う生徒合わない生徒で分かれるでしょう。合う生徒には目標設定ができていいんじゃないでしょうか。
【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
・冷房がカビ臭いように感じたことがある
・建物内が全体的に狭いように感じる
・階段は外付けで、狭いし水はけが悪く雨降ったらビシャビシャになることがあった
・専用自習室の机は、大手予備校と大体同じ
・男子トイレが3.5.7階、女子トイレが2.4.6階にしかない
・9時からしか開かない
・授業前に席とりをちゃんとしないといけない
・休憩スペースがないためどこかで軽食を食べるスペースもない
・真横が線路のため、貨物列車が頻繁に通り、講師の声が聞こえなくなるほどうるさい
【サポート体制】
話は聞いてくれるし志望校相談はちゃんと乗ってくれます。志望理由書などの添削はその場でしてくれます。
ですが圧倒的に情報量が大手予備校と比べて少ないのが難点。ここはあくまで過去の合格者のデータしかない。
大手予備校だと全国で連携を取っているので、その年のある程度の受験者の動向や傾向などは結構教えてもらえますし、去年のデータなどもビッチリ揃ってます。
ちなみにですが、現役医師主宰というのがデカデカと載っていると思いますが、この方は地元のテレビにレギュラー出演してたり、普段は心療内科医をやっていたりするので、予備校に常にいるわけではなく、入試直前期に週2日で18時以降に来校して面接指導するときだけ見かけます。
【料金】
大手予備校と同じくらいの値段ですが、授業のバリエーション、講師のバリエーションやレベル、環境、医学部受験の情報量、ライバルの数とレベルにおいて大手予備校の方が上回ってると感じました。
講習費用もそんなに大手と変わらなかったはずだったと思うので、私は夏期講習冬季講習は全て大手予備校に通ってました
【良かった点(改善してほしい点) 】
良かった点は他の方があげてるでしょうから、私は他の人が言ってない『良くない点』を敢えてあげました。

不適切な口コミを報告する

続きを読む
閉じる

ページトップへ戻る

Copyright © 医学部受験マニュアル. All Rights Reserved.