医学部予備校検索サイト口コミ掲載数No.1

名門会

名門会

口コミ評価
★★★☆☆
3.7
対象学年
現役生
浪人生
授業形式
個別指導
家庭教師
お住まいの地域にある教室を探す

料金を問い合わせる
(教室を選ぶ)

こだわり条件
再受験対応
編入対策
推薦対策

※対象、授業形式は教室ごとに異なる場合がございます

予備校取材レポート

厳選された医系指導のプロ講師による完全個別指導で業界屈指の合格率を誇る家庭教師センターの「名門会」

名門会

「すべては子どもたちの未来のために」という理念の元、日々生徒への指導を行っている家庭教師センターの「名門会」。今回は吉祥寺校の教務責任者である梅原惠太郎さんにお話を伺いました。

POINT
厳選された医系指導のプロ講師による完全個別指導
家庭教師センターでありながら教室での指導も受けられる
他社には真似できない手厚いサポートを行う教務担任

合格のカギは教務担任の存在

名門会では毎年多くの医学部合格者を輩出していますが、その秘訣はどこにあるとお考えですか?

名門会には、生徒の授業を担当する講師の他に「教務担任」と呼ばれる職員がいます。
教務担任の役割は多岐にわたっており、カリキュラムの進捗管理・ご家庭と直接コミュニケーションを取りご要望を講師へ伝達・講師から生徒の学習状況のヒアリング・生徒のモチベーション維持・ご家庭への指導レポートの送付・進路相談など「生徒」「講師」「家庭」の間に立った様々な業務を行います。
そのため、俯瞰的に生徒の状況を確認することができ、他社では真似できないような生徒一人ひとりに寄り添ったサポートをすることができます。
決してマニュアルにはできない、人だからこそできる学習計画の実行支援を大切にしている名門会の強みだと考えます。

梅原惠太郎さん今回インタビューを受けてくださった梅原惠太郎さん

なるほど、教務担任が家庭と講師の間に入ることでバランスをとっているんですね。

そうです。教務担任が間にいることで、講師は指導に専念することができますし、保護者の方も第3者の視点から学習状況の把握や要望をお伝えすることが出来るので安心です。
また、教務担任は教室指導での場合は生徒のモチベーションを保つためのメンタルケアも積極的に行っています。

自宅での指導・教室指導が選べる

名門会では家庭教師センターでありながら教室での指導も受けられるんですね。

はい。教室でも家庭教師と同様にプロ講師の指導を1対1で受けることができます。
元々は家庭教師センターとして出発しましたが、ご家庭での都合や学校に近い方が良いなどの要望もあり、教室指導のサービスを展開しました。
現在ではご家庭での指導と教室での指導がそれぞれ半数程度となっており、エリアによっては教室指導が7割近いところもあります。

教室指導のニーズは結構多いんですね。

「ご家庭だと勉強に集中できない」「環境を変えたい」という生徒さんも多く、大変好評をいただいています。
教室指導の場合、周りに同じ目標を目指すライバルが見えるという環境もモチベーションアップになっているようです。
もちろん、教室が自宅・学校から遠いなどの理由で通うことが難しい生徒も多くいらっしゃいますので、生徒様のご希望で自宅か教室かを選べるようになっているのは名門会の特長の一つかと思います。

教室教室には1対1指導ブースの他に自習室も完備

厳選されたプロ講師による1対1の指導

名門会の特長の一つとして「講師の質の高さ」が上げられると思いますが、どのような講師がいらっしゃるのでしょうか。

名門会に在籍している講師は全員、厳しい採用試験と面接を経たプロ講師です。
家庭教師として各ご家庭に派遣することになりますので、人物面には特に厳しい目を持って採用しております。
そのため、どの教師が担当しても、生徒に上質な授業を提供することができ、保護者様からも高い信頼を頂いています。

その中で、医学部コースを担当するのはどのような講師の方になるのでしょうか。

医学部受験は大学受験の中でも最難関であり求められる知識も多いため、名門会では講師の認定制度を導入しています。
前述の採用試験に加えて、過去の指導実績など複数の厳しい審査を通過した講師のみが受け持っていて、全5,000人の講師のうち、医学部コースを指導できるのは10%以下となっています。
生徒を最難関の医学部に合格させなければいけませんので、我々も慎重に講師の審査を経た上で認定しています。

プロ講師医学部に精通したプロ講師が完全一対一で指導

面接・小論文の指導も充実

昨今の医学部入試では面接・小論文の重要性が増していますが、そちらも専門の講師がいらっしゃるのでしょうか。

はい。
面接や小論文を専門に担当する講師が在席しており、実際の指導では、面接のお辞儀の仕方・小論文の書き方などのマナー・ルールのみの指導にとどまらず、生徒一人ひとりに合わせた指導を行っています。

具体的にどのようなことを行うのでしょうか。

例えば、志望理由を面接で質問された際、「親が医師のため」「メディアで感銘を受けたため」など答える受験生は非常に多いのですが、それは単なるきっかけに過ぎません。
名門会では、将来どういう方法で医療界に貢献していきたいのか、どのような医師像を目指すのかの立論から専門の講師がとことん生徒と話し合い指導していきます。
そのためには、講師と生徒の信頼関係が非常に大切であり、人を大切にする名門会だからこそできる指導だと自負しています。

赤本教室には医学部の赤本が整然と並んでいる

すべては子どもたちの未来のために。」この言葉が名門会の指導に凝縮されているのですね。最後に、医学部受験をするうえで最も大切だと思う事を教えてください。

どうやって医学部に合格するかを考えるのはもちろん大切ですが、「どうして医学部を目指しているのか」「将来どのような医師になりたいのか」という“志”が一番大切だと思います。
我々は、お預かりした医学部受験生をそこに導くために、画一的なマニュアルを前面に出すのではなく、生徒一人ひとりに合わせた、人だからこそできる学習計画の実行支援を大切にしています。
その姿勢が結果として、多くの合格実績につながっているのだと考えています。

目白本部校今回取材をさせていただいた目白本部校

本日はどうもありがとうございました。

ありがとうございました。

料金や入会に関するお問い合わせ(無料で資料送付します)

料金を問い合わせる(教室を選ぶ)

ページトップへ戻る

Copyright © 医学部受験マニュアル. All Rights Reserved.