医学部予備校検索サイト口コミ掲載数No.1

医進予備校MEDiC

医進予備校MEDiC本校(大阪)

口コミ評価
★★★★☆
4.5
所在地
大阪府
対象学年
浪人生
授業形式
個別指導
少人数制

※対象、授業形式は教室ごとに異なる場合がございます

医進予備校MEDiCの合格実績

2017年度 医学部医学科合格実績

国公立大学
  • 神戸大学1名
  • 奈良県立医科大学4名
  • 和歌山県立医科大学2名
  • 新潟大学1名
  • 金沢大学1名
  • 福井大学1名
  • 三重大学1名
  • 愛媛大学1名
  • 山口大学1名
私立大学
  • 岩手医科大学3名
  • 獨協医科大学1名
  • 埼玉医科大学1名
  • 日本大学1名
  • 北里大学3名
  • 杏林大学1名
  • 聖マリアンナ医科大学1名
  • 帝京大学1名
  • 東海大学2名
  • 東京女子医科大学1名
  • 金沢医科大学8名<うち推薦2>
  • 愛知医科大学3名<うちセ利用1>
  • 藤田保健衛生大学3名
  • 大阪医科大学9名
  • 関西医科大学6名<うちセ利用1>
  • 近畿大学11名<うち推薦4>
  • 兵庫医科大学10名<うちセ利用1>
  • 川崎医科大学8名<うち推薦1>
  • 産業医科大学1名
  • 福岡大学6名<うち推薦1>
  • 久留米大学4名

上記に補欠待機者は含んでおりません。

一次合格

  • 岩手医科大学11名
  • 獨協医科大学1名
  • 自治医科大学1名
  • 国際医療福祉大学2名
  • 埼玉医科大学5名
  • 日本大学2名
  • 昭和大学1名
  • 北里大学10名
  • 東邦大学1名
  • 杏林大学1名
  • 聖マリアンナ医科大学2名
  • 帝京大学3名
  • 東海大学10名<うち神奈川県地域枠2、静岡県地域枠2、セ利用1>
  • 東京女子医科大学4名
  • 金沢医科大学12名
  • 愛知医科大学10名<うちセ利用1>
  • 藤田保健衛生大学6名
  • 大阪医科大学12名
  • 関西医科大学14名<うちセ利用2>
  • 近畿大学10名
  • 兵庫医科大学21名<うちセ利用5>
  • 川崎医科大学13名
  • 産業医科大学1名
  • 福岡大学11名<うちセ利用1>
  • 久留米大学7名

※医進予備校MEDiC HPより引用(https://www.medic-yobikou.com/)

医進予備校MEDiC 本校(大阪)の学費

浪人生向けコース

国公立医学部 精鋭(E)コース
年間合計
788,400
入学金
108,000円
授業料
680,400円
教材費
-円
その他(施設・管理費等)
-円
国公立私立 医学部選抜コース
年間合計
5,500,870
入学金
108,000円
授業料
5,392,870円
教材費
-円
その他(施設・管理費等)
-円
私立医学部コース
年間合計
5,500,870
入学金
108,000円
授業料
5,392,870円
教材費
-円
その他(施設・管理費等)
-円

※2017年11月に調査を行った内容に基づき医学部予備校マニュアル運営事務局が作成しています。最新の情報に関しては、公式サイトをご確認ください。

備考
全て税込価格です。
コースによって、別途特別講習の料金が必要となる場合がございますので、詳しくは予備校へお問い合わせください。
ユーザーのみなさまへ
この予備校への資料請求サービスは現在行っておりません。
このページは予備校が管理しているページではございません。情報の誤りを発見された場合、こちらからご連絡ください。

※2017年11月に調査を行った内容に基づき医学部予備校マニュアル運営者が作成しています。そのため、現在の情報と異なる可能性があります。

医進予備校MEDiC 本校(大阪)の評判・口コミ口コミを投稿する

総合評価 ★★★★★ 5.0

講師: 5 / カリキュラム: 5 / 環境: 5 / サポート体制: 5 / 料金: 4

【講師】
チューターの先生方は開講時間は土日もずっと教室に居てくださったのでいつでも質問にける環境でした。
コーチであり受験のプロである一流のチューターだったので本当に実力がつきました感謝しています。
また普段の授業を担当された先生方は文句のつけようがなくわかりやすく一流の講師陣でした。
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
私のいたコースでは志望校別というより国立の医学部合格を目指していたため学力自体の底上げと高度な演習問題の演習に主眼が当てられていた。
一方で私立大学を受ける学生も多くいるので週に1~2コマは私立大学の入試問題を講師がピックアップして設定時間より短い時間で解くといったことも行った。
受験期終盤では各々の出願大学用に全国の過去問からピックアップして予想問題を作ってくださった。
【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
校舎自体は狭いのだが十分なスペースのある個別の自習スペースがあることがいいところであった。
自習室をでるとすぐにチュータールームがあったので質問もしやすくあの環境はとても勉強意欲が沸いた。
ドリンクも自由に飲めるのでその点でも過ごしやすかった。
【サポート体制】
進路指導や学習サポートはとても納得している。
模試の成績だけでなく個々人が得意とする問題傾向から大学の選定を手伝ってくださったのでとても感謝している。
学習サポートについては心が折れそうなときに心理的にサポートしてくれたのが心強かった。
他のクラスでは自習時間まで管理してくださるそうだが私のクラスは放任されていた。しかし皆8時くらいまで残って勉強していた。
【料金】
医学部専門予備校は一般的に高いと言われるがいわゆる私立コースを呼ばれるコースは認識どおり高い。
しかし国公立受験の特別コースは河合塾や駿台の個別自習室などをつけたプランと比較して同じかそれより安い基準だったように覚えている。

不適切な口コミを報告する

続きを読む
閉じる

総合評価 ★★★★★ 5.0

講師: 5 / カリキュラム: 4 / 環境: 4 / サポート体制: 5 / 料金: 5

【講師】
講師は全員河合塾や駿台での上のクラスを担当している、あるいはしていた人たちなので授業の質はとてもよかったです。
余裕で合格できるように医学部レベルよりも一歩踏み込んだ問題、授業をしてくださり本番でも問題を俯瞰してみることができました。
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
国公立医学部のコースと私立医学部のコースがあり、どちらも夏までは基本解法、原理の理解を目指して演習量が半端なかったです。
国公立の方はこの時期から差のつく問題を解いていてためになりました。
秋からは捨て問としてもいいのではないかというレベルの問題を夏までに習得した解法の組み合わせで簡単に解いてみせられとても印象的な授業でした。
【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
生徒それぞれに専用のロッカーや自習室を与えられ、勉強場所に困ることはありませんでした。
冷蔵庫やポットも共用スペースにありとてもアットホームな雰囲気でした。
クラスが少人数制のため受験は集団戦という特性が有効に使える環境でした。切磋琢磨できるのはよかったです。
【サポート体制】
生徒それぞれに教務の先生がついてくださり、自分にとって足りないところや伸ばすべきところを追求し続けてくれます。
また、教務の先生のレベルも講師並でそういった業務だけではなく、講師の先生がいないときには授業の質問をしてもすぐに解決できました。
【料金】
私立医学部コースは他の医学部予備校とおなじくとても高かったと思います。国公立医学部コースは他の大手とさほど変わりません。
さらに、前年までの成績によっては半額あるいは全額免除になることもあると思います。
【良かった点(改善してほしい点) 】
この前の年までは自分がやるべきことをわかっていながらも本当に正しいのか不安になりながらやっていました。
この予備校では少なくとも自分よりは受験に通じたプロが自分を支援してくださり、とても心強かったです。
こちらが求めればいくらでも応えてくれる先生方ばかりでした。

不適切な口コミを報告する

続きを読む
閉じる

ページトップへ戻る

Copyright © 医学部受験マニュアル. All Rights Reserved.