医学部予備校検索サイト口コミ掲載数No.1

北九州予備校

北九州予備校博多駅校

口コミ評価
★★★★☆
4.4
所在地
福岡県
対象学年
浪人生
授業形式
集団指導
個別指導

※対象、授業形式は教室ごとに異なる場合がございます

北九州予備校の合格実績

2017年度 医学部合格実績

国公立大学
  • 長崎大学29名
  • 鹿児島大学37名
  • 大分大学29名
  • 九州大学9名
  • 熊本大学14名
  • 山口大学30名
  • 宮崎大学17名
  • 琉球大学12名
  • 佐賀大学13名
  • 島根大学7名
  • 岡山大学6名
  • 広島大学2名
  • 自治医科大学13名
  • 産業医科大学28名
  • 千葉大学
  • 筑波大学
  • 群馬大学
  • 新潟大学
  •  他
私立大学
  • 福岡大学44名
  • 久留米大学40名
  • 東京医科大学6名
  • 関西医科大学6名
  • 杏林大学6名
  • 昭和大学4名
  • 大阪医科大学4名
  • 日本大学3名
  • 順天堂大学3名
  • 東京慈恵会医科大学2名
  •  他 
その他
  • 防衛医科大学21名

※北九州予備校HPより引用( http://www.kitayobi.ac.jp/ )

北九州予備校 博多駅校の詳細情報

北九州予備校 博多駅校の講師

講師陣への満足度は90%以上!

北九州予備校では、フェイス・ツー・フェイスで講師陣が生の授業を提供します。
九州・山口エリアでNo.1の講師の質を自負しており、年間を通じて東京や大阪から毎週生え抜きの講師陣が出講します。
授業アンケートでは満足度が90%を超える講師がほとんどです。

北九州予備校 博多駅校のカリキュラム

安心の勉強方法で確かな力を身につける

北九州予備校では綿密に計算された授業カリキュラムとプロ講師の渾身の授業で、生活のリズムを壊すことなく集中できる学習内容を提供しています。
授業を中心に、テキストの予習・復習を徹底するのが北九州予備校の鉄則です。

北九州予備校 博多駅校のサポート体制

VODでナマの授業を見直し、いつでも復習出来るシステムが武器に!

北九州予備校はナマの授業に自信を持っているが、病気などでやむを得ず欠席した場合など、VOD(ビデオ・オン・デマンド)の視聴が可能となっています。
欠席の場合だけでなく、ノートの見返しでは理解できない箇所があった場合や、もう一度先生の授業で解説を聞きたい時など、様々なタイミングで活用できます。
個別ブースや寮内自習室でも視聴可能な為、時間を有効に使えるのも魅力の一つです。

北九州予備校 博多駅校の学習環境

合格した先輩が絶賛する自習室

北九州予備校では、「残って自習」が合言葉。自習時間は授業時間と同じく時間帯が区切られており、自習であっても時間内の退室は認められません。
また、自習室だけでも
・個別ブース式:間仕切りでパーソナルスペースを確保
・コミュニティ・スペース式:友人と教えあえるスペース
・教室式:自習監督が見守る集団自習スペース
の3種類があります。

北九州予備校のコース・講座

  • 大学進学科
  • Felix 医・歯・薬・獣医専門コース

北九州予備校 博多駅校の学費

浪人生向けコース

医系コース
年間合計
845,000
入学金
100,000円
授業料
620,000円
教材費
-円
その他(施設・管理費等)
125,000円

※2018年01月に調査を行った内容に基づき医学部予備校マニュアル運営事務局が作成しています。最新の情報に関しては、公式サイトをご確認ください。

備考
一括納入した場合の金額となります。
別途教材費が必要となる場合がございますので、詳しくは予備校へお問い合わせください。
ユーザーのみなさまへ
この予備校への資料請求サービスは現在行っておりません。
このページは予備校が管理しているページではございません。情報の誤りを発見された場合、こちらからご連絡ください。

※2018年01月に調査を行った内容に基づき医学部予備校マニュアル運営者が作成しています。そのため、現在の情報と異なる可能性があります。

北九州予備校 博多駅校の評判・口コミ口コミを投稿する

総合評価 ★★★★☆ 4.0

講師: 4 / カリキュラム: 5 / 環境: 4 / サポート体制: 5 / 料金: 4

【講師】
添削課題を進んで出してくれる先生が多く、また質問にも乗り気で答えていただけるため、教えてもらう環境が整っていました。勉強外の悩みや人生相談にも乗ってくれて、時に優しく、時に厳しい良い先生が多かったです。
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
平日は8:00~17:00まで、一コマ60分ほどの、英数国を中心に必修の授業があり、その後に理科社会を中心に選択授業がありました。
夏期や冬期の特別授業は一コマ150分で、実際の試験を意識した時間配分で問題を解くことができました。また分野ごとの対策講義が充実していました。
【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
自習室は基本的にいつも開放されており、また勉強時間と休み時間の区別がはっきりとついているので、休憩をはさみながらしっかり勉強することのできる環境が整っていました。
また受付の職員の方々の対応も機敏で不満を感じたことはありません。
【サポート体制】
クラスによってピンきりですが、一クラス50~70人くらいを1人のチューターが見てくれて、朝に生徒に喝を入れ、様々なデータと生徒の成績を比べ、成績的にベストな学校を薦めてくれます。
一方でそれを強要することはなく、こちらの意思を尊重してくれます。
【料金】
医学部を目指すような生徒なら、選抜試験というのを3月中に受けて、その結果次第ですが50万前後授業料を免除してもらうシステムがありますので、それを利用すれば金銭的には大分楽かと。また授業料の高い夏期は自習メイン、授業料の安い直前講習は講義メインとそれぞれの考えに合わせて授業スタイルを選べます。
【良かった点(改善してほしい点) 】
勉強以外の諸々の面倒事を予備校側にやってもらい、自分たち生徒は勉強に集中するという理想的な環境がそこには整っていました。また卒業生の先輩方がローテーションで来てくださっていて、予備校生活の疑問や不安もすぐに解消できていました。

不適切な口コミを報告する

続きを読む
閉じる

ページトップへ戻る

Copyright © 医学部受験マニュアル. All Rights Reserved.