医学部予備校検索サイト口コミ掲載数No.1

赤門会

赤門会本校

口コミ評価
☆☆☆☆☆
-
所在地
東京都
対象学年
浪人生
授業形式
個別指導
料金や入会に関するお問い合わせ

料金を問い合わせる
(資料請求)

こだわり条件
再受験対応
体験授業
推薦対策
自習室あり

※対象、授業形式は教室ごとに異なる場合がございます

赤門会の合格実績

直近5年、2012~2016年度入試において、医学部受験マンツーマン総合コースからは、在籍28名中13名が医学部合格を果たされました。(医学部以外を志望する方が数名在籍されていましたが、その方たちは除いています。1次合格以上とすると18名になります)
※入会時の学力には一切制限を設けていません。

合格した大学、および合格者数は以下の通りです。

  • 琉球大学1名
  • 獨協医科大学1名
  • 埼玉医科大学1名
  • 杏林大学2名
  • 昭和大学2名
  • 帝京大学1名
  • 東京女子医科大学1名
  • 東邦大学1名
  • 日本大学1名
  • 北里大学2名
  • 聖マリアンナ医科大学1名
  • 金沢医科大学5名
  • 川崎医科大学4名
  • 兵庫医科大学1名

赤門会 本校の特徴

赤門会の特徴

赤門会が「マンツーマン指導」にこだわるのは、主に上記二点を重視するからです。
真摯な努力にもかかわらず伸び悩む方に着目すると、ほぼ例外なく「本来なすべきことに十分な時間を割いていない」、「誤った学習法を続けている」といった状態に陥っていることがわかります。
ただ、受動的な集団授業を受けている間は、自分でそのことに気づくことは難しいものです。

私たちは、能動的に生徒とコミュニケーションをとり、その様子を丁寧に観察することで、成績アップを妨げている要因を見出し、徹底的にその改善を図っていきます。

赤門会 本校の詳細情報

赤門会 本校の講師

学力だけでなく、マンツーマン指導にふさわしい人柄・指導力を兼ね備えた講師陣

私たちは、生徒との対話を重視します。
一対一の授業なので、本来生徒は気軽に質問できるのですが、中にはどうしても遠慮がちになってしまう方もいれば、納得できず、何となくもやもやするけど、何を質問したらよいのかがわからない、本人は本当にわかったつもりでいても、実際は十分な理解に至っていない、といったケースがよくあるからです。

そこで授業では、「ここは何でこの答になるの?」、「どうしてこの解法にたどりついたの?」といった具合に、講師から質問を投げかけることがよくあります。
そうした双方向コミュニケーションを通して、生徒が勘違いして頭に入れていたこと、理解不十分であったことなどが見つかれば、すぐにその場で対処します。
さらにこのスタイルは、生徒の誤った学習法を見出し、それを改善させるうえでも有効です。

生徒との対話、およびその答案を観察する中から問題点を探り出し、それらを踏まえて適切な指導を施していく、赤門会の講師陣はそうした指導力を備えています。

赤門会の講師

双方向コミュニケーションを通して、生徒の問題点を探り、指導に反映させていきます。

赤門会 本校のカリキュラム

授業を受けっぱなしにさせないよう、各科目「定着度確認テスト」を毎週行います。

4月の開講から実質9箇月で成果をあげるには、医学部入試を突破するうえで、無駄と思われる時間を極力排除し、優先度の高い課題により多くの時間を割く、効率重視の学習スタイルが絶対に必要です。
ここでの「優先度の高い課題」とは、個々の生徒にとっての苦手科目・分野の克服です。

医学部受験マンツーマン総合コースでは、時間割確定に際して、各生徒の状態に応じて科目ごとの時間配分を決定いたします。
さらに、各科目の授業においては、生徒一人ひとりの学力上の特徴に合わせて扱う内容に強弱をつけ、弱点克服に向けた指導を徹底させます。
ただし、「効率重視のマンツーマン指導」と言えども、授業を受けっぱなしでは無意味です。

そうならないよう、各講師が授業時間外に取り組む課題を細かく指示すると共に、全科目について毎週「定着度確認テスト」を課すことで、受講の成果をごく短いスパンでチェックしていきます。
これにより、講師が生徒の理解度・定着度を常に把握し、必要に応じてカリキュラムの修正を図りながら指導を進めていきます。

赤門会のカリキュラム

定着度確認テストは、各科目週1回、前・後期通して合計27回行います。これと授業外にこなす課題を合わせると、年間で相当数の演習を積んでいくことになります。

料金や入会に関するお問い合わせ(無料で資料送付します)

料金を問い合わせる(資料請求)

赤門会 本校のサポート体制

学科試験対策以外でも、教務スタッフがきめ細かなサポートをいたします。

生徒一人ひとりが常に学習に集中し、効率よく学習を進められるようフォローしていくのが教務の役割です。
具体的には以下のようなサポートをいたします。

①生徒と講師の間に立ち、全体的に学習を効率よく進められるよう配慮いたします。
⇒各講師と密に連携をとり、生徒の科目ごとの状態を把握したうえで、最終的に各科目をどの程度まで伸ばせば合格が見込めるのかを生徒・講師に伝えていきます。
それにより、生徒には各科目にかける力配分を自覚していただき、講師には、目標に向けた効率的な指導がしやすくなるよう手助けをしていきます。

②受験校の選定や出願書類の記述に関する指導、面接対策指導を綿密に行います。
⇒入試直前期には、受験校の選定に関するアドバイスをさしあげる他、出願時に求められる志望理由等の記述に余分な時間を割かないで済むよう、添削指導を行います。
さらに、面接試験について、各校の1次をクリアした時点で、徹底的に対策指導を行います。

赤門会のサポート体制

赤門会 本校の学習環境

個人専用の学習ブースによる、万全な自習環境

医学部受験マンツーマン総合コース生には専用ブースを提供し、基本的に授業外は常に自習に取り組んでいただきます。
ブースは「幅120cm・奥行き60cm」と十分なスペースがあり、その他、ロッカーも提供いたします。
自習可能時間を9:00~22:30と定めており、お昼の休憩時間以外は私語を禁じています。

少し厳しく感じるかもしれませんが、各講師から指示される課題をこなし、各科目の定着度確認テストに備えるためには、常時机に向かうくらいでないと追いつかなくなってしまいます。
医学部受験マンツーマン総合コース入会に当たり、その可否を決めるテストは行いませんが、このような態勢に納得していただける、十分な学習意欲をお持ちかどうかは確認させていただきます。

赤門会の学習環境

個人専用の学習ブース。これを提供できるのは、医学部受験マンツーマン総合コースの定員9名に限定されます。

赤門会 本校のその他の特徴

毎週の定着度確認テストの他、英語については、単・熟語等のテストを週1で行います。

医学部受験マンツーマン総合コースでは、マンツーマン授業の他、英語・数学について、各週1で「巡回型個別指導」のコマを組み込んでいます。
英語については、このコマを利用して、以下の4種類のテストを毎週行います。
毎年、英語を飛躍的に伸ばす方がいますが、その方たちはほぼ例外なく下記テストで毎回高得点をあげています。

① 英単語・「システム英単語」(駿台文庫)を用います
② 英熟語・「英熟語Always1001」(河合出版)を用います
③ 「英語頻出問題総演習」(桐原書店)を用いた、文法・語法・構文等の知識を問うテスト
④ 英作文・「これが英作文」(河合出版)を用います

※前期・夏期・後期を通して、英単語についてはテキストを三周、その他は二周させる進度でテストを行います。

赤門会の料金

【医学部受験マンツーマン総合コース】

入会金

100,000円

授業料

3,091,200円

教材費等雑費

50,000円

専用ブース使用料

90,000円
合計費用 3,331,200円 ⇒ 税込合計費用 3,597,696円
※夏期・直前期には、各科目必要に応じて授業を追加していただくことになりますが、上記にはその分を含んでいません。
その際の授業料(税込)は<7,776円/時間>となります。
当期間にどの程度授業を追加すべきかは、生徒個々の学習進捗状況により異なります。

赤門会のコース・講座

赤門会では、高卒以上の私大医学部を目指す方を対象とした「医学部受験マンツーマン総合コース」の他に、「マンツーマン・スタンダードコース」を設置しています。
「マンツーマン・スタンダードコース」は、学年(中学生以上)・志望学部を問わず、科目単位でお申込を受け付ける形をとっています。
高卒以上の方が当コースを利用される場合、いずれかの塾・予備校に在籍されながら、苦手科目について赤門会を併用される形が一般的です。

赤門会のキャンペーン

「マンツーマン体験授業」のお申込を随時受け付けています。
実施要項の概略は以下の通りです。

・授業時間:90分×2コマ
・受講料:16,200円(税込)
・受講日時:ご希望に基づき決定いたします。

※初回授業の導入をスムーズに行えるように、支障のない限りお申込の段階で面談を行い、学習内容等について確認させていただきます。
※受講科目につきましては、「1科目を2コマ」または「2科目を1コマずつ」のどちらの形でも結構です。
その他、詳細は教室へお問い合わせください。

料金や入会に関するお問い合わせ(無料で資料送付します)

料金を問い合わせる(資料請求)

赤門会 本校の評判・口コミ口コミを投稿する

赤門会 本校の評判・口コミの投稿はございません。

料金や入会に関するお問い合わせ(無料で資料送付します)

料金を問い合わせる(資料請求)

ページトップへ戻る

Copyright © 医学部受験マニュアル. All Rights Reserved.